Top ⇒ 質問&回答 ⇒ HDMIケーブルで地デジ大画面テレビを利用する


HDMIケーブルを利用して地デジ大画面テレビを利用する

今回は、HDMI端子の付いているノートパソコンが見本です。地デジテレビと1本のケーブルで接続するだけで、ノートパソコン画面とテレビ大画面の、両方に映すことが可能です。


お客様ご利用のパソコンの「画面のプロパティ」を開いて「設定」をクリック。

画面「1.2」と表示されておれば1.パソコン用 2.テレビ画面用にセッティングします。上の画像右下、「詳細設定」をクリックします。

表示はパソコンによって様々ですが、グラフィックドライバーの表示をクリックします。

地デジテレビとHDMIケーブルで接続しておれば、テレビの表示が確認されると思います。「グラフィックのプロパティ」をクリックします。

1画面だけを使う場合はシングル、2画面同時利用はマルチディスプレイを選びます。

シングルディスプレイを選んで、「デジタルテレビ」にチェックを入れるとテレビだけの表示になります。

マルチディスプレイのデュアル・ディスプレイを選びます。1.の画面はノートパソコン、2.はデジタルテレビとなります。

向こうに見えるテレビと、ノートパソコンのディスプレイは同じ表示になりました。(1280 x 768 ピクセル 表示)

ノートパソコンは日ごろ、「1280 x 768 ピクセル」の表示で利用しています。テレビもパソコンもワイド表示なので、ちょうどよい画面領域です。

ネット・デ・カラオケのサイズは「800 x 600 ピクセル」なので、画面の解像度を「800 x 600 ピクセル」に設定するとテレビ画面ではフルサイズ表示になります。

サウンドが聴こえない場合

つづいてサウンドの確認を行います。「コントロールパネル」の「サウンドとオーディオディバイス」をクリック。

HDMIケーブルでデジタルテレビと接続すると自動的に音の再生が、「HDMI Device」になる場合があります。カラオケ画像と音声は同時にテレビへ送られることになります。

今回、外部のアンプスピーカーを利用するので、アナログ出力を選びます。ノートパソコンのヘッドフォン端子からの音声になります。